NHKで東証株価指数をみて投資に興味を持った時には

NHKでは経済に関するニュースも毎日のように報道されていますが、東証株価指数が順調に上昇しているのを見て投資をしてみようかなと思った人もいるのではないでしょうか。
アベノミクスが始まってから、東証株価指数は右肩上がりで上昇を続けその様子はNHKでも毎日伝えられていて、経済の回復を感じさせてくれるものとなってます。
それだけに今が投資を始めるチャンスではないかと考える人がいても不思議ではありませんが、投資を始める際に覚えておきたいことが勝つことばかりを考えるのではなく、負けた時のことも考えて投資をするということです。

どれだけ優れた投資家といっても、明日の株価の動きというのを完璧に予測するものは難しいものです。
そのため、勝っている人であっても短期的な勝率だけで見れば勝ったり負けたりと五分五分の成績となっているのですが、なぜ最終的に勝つことができるのかといえば、目先の勝敗は五分五分であっても勝った時に利益は大きく、負けた時の損失は少なくなるように取引をしているからです。
逆に負ける人というのは勝ちを伸ばすことができずに、負けた時の損失ばかりを大きく膨らませてしまい勝ったり負けたりしながらも損失ばかりを増やしてしまうことになるのです。

NHKで景気が回復しているというニュースが報道され、東証株価指数も右肩上がりで上昇している時というのは確かに誰でも勝ちやすい状況となっていますが、上昇している時というのは下落するときも早いので下がった時のことも考えて投資をしなければせっかくの好地合も生かし切れずに、逆に損をしてしまうという恐れもありますから損切りを徹底することを意識して投資を始めるようにしましょう。