レナウンと大日本印刷の株主になるために必要な投資額

株式会社レナウンは、東京都江東区に本社を置くアパレル企業です。経営不振が続いたため、現在では、中国の山東省に拠点を置く大手繊維企業、山東如意グループの子会社となっています。レナウン株は東証1部に上場していますから、日本国内での投資が可能です。ではここで、最近1年間のレナウン株の値動きに注目しましょう。2014年12月上旬に110円程度であった株価は、3か月ほどこの水準で推移します。ところが2015年3月末に急激な上昇を迎え、4月8日には316円という年初来高値を付けました。この急騰は、レナウンに対する山東如意の出資比率が引き上げられるとの報道がきっかけとなったものです。しかし、株価はこの水準を維持できず、徐々に下落してゆきます。現在では1年前とほぼ同じ水準に戻っており、2015年12月1日現在の株価は128円です。なお、レナウンは年に2回の株主優待を実施しています。100株以上を保有する投資家には、株主向けに実施される特別セールへの招待状が配布されます。1万3,000円ほどの投資で、こうした優待が受けられます。
では次に、世界最大規模の総合印刷企業、大日本印刷株式会社に注目しましょう。出版印刷や商業印刷などのほか、電子デバイスなどのエレクトロニクス分野も手掛ける企業です。本社は東京都新宿区にあります。大日本印刷についても、過去1年の株価を振り返ります。2014年12月の初頭に1,050円ほどであった株価は、8か月ほどの間、順調に値を上げてゆきました。2015年8月7日には1,423.5円という年初来高値を付けます。その後は値を下げており、1,200円前後での値動きが続いています。2015年12月10日現在、大日本印刷の株価は1,178円です。なお、同社の単元株数は1,000株です。したがって、大日本印刷の株主になるためには120万円ほどの投資が必要になります。